NIHON LOREAL


社会の持続的発展のために EYES FOR FUTURE by LANCOME

女性の起業支援プログラム

「美しいことは、自由であること」

EYES FOR FUTURE by LANCOME
Eyes for Future プログラムは、ランコムの「一人でも多くの女性の目元に希望の輝きをもたらし、力強いまなざしで未来を見据え、明るいビジョンを持って上を向いて歩んでいけるように」と
いう願いが込められています。

ランコムは、2011年6月1日に東日本大震災復興支援チャリティープロジェクト”Eyes for Future(未来に向けたまなざし)”を立ち上げました。全国のランコムカウンターでマスカラ1本をお買い上げいただく毎に100円を復興支援金として、NPO法人を通して被災地に寄付し、コミュニティカフェ「HANA荘」(宮城県石巻市)をはじめ、コミュニティ再生支援活動を開始。
そして、コミュニティ再生支援をさらに一歩進めるため、2013年より被災地の女性の起業を支援する「Eyes for Future by ランコム」プログラムを発足しました。

Eyes for Future by ランコム

01 地元NPO、石巻市、ランコムの3者による取り組み

NPO石巻復興支援ネットワーク やっぺす! 石巻市

“Eyes for Future by ランコム”プログラムは、NPO法人石巻復興支援ネットワーク、石巻市、ランコム(日本ロレアル)が協働して運営しています。石巻に拠点をおくNPO法人石巻復興支援ネットワークが事務局として、講座の運営、受講生のサポートを担当し、ランコム(日本ロレアル)は、企画、運営支援を行っています。石巻市は、講座の修了者の中から希望する方を、市が管理する「石巻市女性人材リスト」に登録し、まちづくりへの積極的な参画を進めています。

02 同じ志、同じ想いを持った仲間と共に成長する喜び

「自分が住む石巻をもっとよい街にしていきたい」という志と想いをもった職業も年齢も異なる女性たちが、“仲間”として各方面で活躍しています。
はじめは、「自分に自信がない」「何から始めてよいかわからない」と話していた受講生が、このプログラムを通じて変化し、一歩を踏み出していきます。
被災した経験をもつ女性たちがお互いに切磋琢磨し、励まし合い、支え合いながら共に成長し、自分たちにできることがあることに気がついていきます。

託児ルームを用意し、子育て中のお母さんも学べる環境
子育て中のお母さんにも安心して学んでいただけるよう、すべての講座に託児ルームを用意しています。
「学びたくても子育て中は無理だろうと、あきらめかけていた。本当にありがたかった」という声が多く寄せられています。

03 ニーズに沿った講座内容を企画

ビューティー講座、コミュニケーション講座、パソコン講座を柱に開講し、
要望・期待の高かった起業家向けのビジネス講座、メンター制度を加えた「起業家サポートコース」を開設。
そして地方から情報発信するために重要である映像制作講座、ウェブ制作講座含む
「起業家育成コース」を新設し、地方創生を目指して、女性起業家をサポートしています。

  • 2015 女性が輝くと石巻はもっと輝く! 企業家育成コース 22名
  • 2014 女性が輝く。石巻が輝く。 起業サポートコース 11名・人材育成コース 23名
  • 2013 自分らしく輝く女性になるために 人材育成コース 25名

講座内容

メイク講座
講師:RIKAさん、信沢 史志さん、ランコムスタッフ
概要:
自分らしさをアピールするためのメイク、ビジネスシーンに合うメイク、自信が持てるアイメイクなど、プロのメイクアップアーティストがスキンケア方法、メイクのコツ教えます。メイクをすると受講生の皆さんは自信を持てるようになったと話しています。
受講者の声:
・アイメイクでこれほど顔の印象が変わるとは驚きました!
・プロのメイクで変身した自分にびっくりです。
・内面はもちろん、外面も輝くことの大切さを教えていただきました。
・もっと自分を大切にしようと思いました。
ビューティー講座
(食、ボディメイキング、
 コンディショニング)
講師:エリカ・アンギャルさん、宮崎 京さん、有吉 与志恵さん
概要:
家族のため、仕事のためにも健康でいることは重要です。すぐに実践できる正しい歩き方、立ち方、そして美しくなるための食生活を学びます。日常生活から始めることができると好評です。
受講者の声:
・きれいでいることに無頓着だった自分に気が付きました。これからはもっと美に気を使い、ポジティブに生きたいです!
・これからの生活にいかしていきたいと思います。
コミュニケーション講座
講師:ドリームフィールド代表 阿部 侑生さん
概要:
最初の自己紹介ワークショップを通じて「自分に自信をもつこと」の大切さを強調し、相手のタイプに合わせたコミュニケーションの取り方や、ビジネスマナーなどをワークショップ形式で学びます。人前で発表することで話すことにも慣れていきます。
受講者の声:
・自分のことをもっとよく知り、相手のことも知って、最高のコミュニケーションをとっていきたいです。
・これから、自分からハッピーになれる言葉を発信していこうと思います。
ビジネス講座
講師:株式会社ブルームコンセプト代表 小山 龍介さん
概要:
どのように事業を立ち上がればよいか、どのように集客をすればよいかを新規事業プロデューサーが解説。
ワークショップ形式で各自の事業などをディスカッションします。
受講者の声:
・お客様の目線で考えていなかったことに気づかされました。全く違う業種の方々に商品について色々な意見をいただけてよかったです。
・損益分岐点や売上目標の設定など、今まで学んだことがなく、なんとなく価格をつけていたのでとても勉強になりました。
パソコン講座
講師:NPO法人パソコンママネット代表 遠藤 一恵さん
概要:
文章作成、パワーポイント作成、インターネットの使い方など、受講生のニーズに合わせて開催。
パソコンに触れたことがない方もフォローしています。
受講者の声:
・慣れないので、やはり難しかったですが、使いこなせれば楽しいな~という手応えを感じています。仕事にも活かしていきます。
・パワーポイントを使って、いろいろなことができるということがわかって、写真の整理などに使ってみたいと思います。
公開講座
講師:
シンクロ・オリンピック銅メダリスト 奥野 史子さん
株式会社つ・い・つ・い代表取締役 遠藤 貴子さん
株式会社文化事業部 代表取締役 セーラ・マリ・カミングスさん
株式会社ベイビー・プラネット社長 たむら ようこさん
株式会社ナビット 代表取締役 福井 泰代さん
内閣総理大臣夫人 安倍 昭恵さん
明治大学教授 牛尾 奈緒美さん
コンディショニングトレーナー 有吉 与志恵さん
概要:
石巻ではなかなか話を聞くことができない、社会で活躍している女性をお招きして、どのようにして今があるのか、どのように事業を拡大してきたのか、具体的な体験談をお話しいただいています。
受講者の声:
・目標を明確に定めて実行しているのがすごい!仕事はもちろん、生き方の参考になりました
・女性だから、母親だからあきらめていたことを「諦めなくていいんだ!」と勇気をもらいました
メンタリング
講師:
飲食分野メンター
株式会社ゼン・インターナショナル 代表取締役 木村 美保子さん
ネットショップ分野メンター:
一般社団法人パワクロ代表理事 三上 和仁さん
美容分野メンター:
合同会社ハーバーアイランド代表 阿部 育子さん
ネイルサロンイープラント 須田 悦子さん
概要:
地方における創業支援で最も大切なことの一つが地域のネットワークを持ち、その土地柄を理解している先輩起業家からのサポートをうけることです。時にはグループで、時には一対一でメンタリングを行います。
受講者の声:
・開業にあたり、レイアウトの検討ができていないことを指摘していたき、予算を抑えたレイアウトのアドバイスをいただきました。また、業者もご紹介いただきました。
・商品のラインナップに関する具体的なアドバイスやリピーターを増やすために作ったカードも好評です。

Eyes for Future by LANCÔME 卒業生の声

2015

アロマでママ&女性も家族もみんなしあわせに♡
鈴木 おり絵さん
やりたいこと、好きなことで、いま私に出来ること、そして人の役に立つものはアロマテラピーです。 震災後はボランティアとしてアロマテラピーをしましたが、本当に人のために役に立つには仕事としても続けていくことが大切と思い至り、ランコム講座を受講しました。
講座では、それぞれ思いを持つ仲間と一緒に本当にたくさんのステキなことを学び経験しました。特に思いを言葉にし、情報として届けていくことの大切さを学びました。 私は、講座開始とほぼ同時にトリートメント事業を始めたのですが、実際にFacebookでの情報発信力がつき、ご予約や問い合わせなど頂き、講座が事業に直結して活かされています。
私は、石巻のママたち女性たちが、ゆっくりくつろげる、心に余裕が出来る、元気がでる..."こころとからだをなでなでする、思いやりのアロマテラピー"サロン&教室「おうちアロマテラピーnadenade」を事業として展開します。 そして ママたち女性たちの心と体のケアの支えとなり、家族もみんなも幸せに輝くステキな石巻へとつながる未来への道を創造したいと思います。ご関係者の皆様、ありがとうございました。
娘がおしえてくれた私の働き方
阿部 真夕美さん
肌弱の娘のためにと始めた裁縫で、安心素材を使用したベビー用品を作る、かつ娘のそばに居ながらできる働き方はないかと模索しており、その糸口を見つけたいと思い応募しました。明確なアイディアやビジョンを持たずに参加したので不安もありましたが、志の高い仲間と出会い引っ張られながら、学ぶ事を楽しむことができました。 メイク方法や体を整え、考え方や表現の仕方を学び、以前よりも少し自分に自信が持て、前向きに元気になれたと実感しています。
ビジネス面では、自分の考えを細分化し何をしたいのかを自分の中や仲間からのヒントから見つけ、提供したい物やサービスとターゲットを絞ることができました。そして、ITを活用し、写真や表現を用いた効果的な見せ方や、自分が伝えたいものと相手が求めているものとの違い等も学びました。 肌に優しい物、手入れや扱いが楽で便利な育児関連グッズで子供にもママにも喜んでもらえる商品を作り提供していき、作成中のホームページでのネット販売とイベント出展等で1歩ずつ販路を広げていこうと思います。
チャンスをいただきありがとうございました!
佐々木 真由美さん
私は昨年アーティフィシャルフラワーのインストラクターの資格を取りました。最初に看板を作り、次はどうしよう? どうしたら多くの方に知ってもらえるだろうと思っていた時にランコムの事を知り、幸運にも受け入れていただきました。
開講式の時、フェイスブックをするようにとのお話がありましたが、フェイスブックとは? 私は分かりませんので初対面の方にお願いをして入力してもらい、それから第一の壁であるフェイスブックとの戦いが始まりました。毎回皆さんに教えて頂き、なんとか使えるようになりました。何もかも私には大きな壁でしたが、色々な講座を受け大変勉強になり大きな刺激を受けました。第二の壁は「SNSを使う事」。全くと言って分からない私には大きな勉強でした。これからはFBやブログで私の仕事の事を知ってもらえるように少しはできてきたと思っています。講座について行けなくて辛い日もありました。でも仲間に助けられ、教えてもらい本当に感謝です。私にチャンスをいただきありがとうございます。このチャンスを生かし一歩一歩広げていきたいと思います。
「子育てひろばで起業したい」
奥山 満寿美さん
現在活動している子育てひろばを仕事として取り組めたらいいなと思い受講しました。

講座を受けて情報発信の大切さと効果的に伝えることにより事業がうまくいくということを学びました。また、自らの資源を生かし、関わる全ての人にプラスになるよう考えながら事業プランを練り上げていく作業はとても楽しく、他の受講生の発表も前向きで夢の実現への第一歩となったように思います。受講生同士のつながりも感じられる講座でした。
現在、仮設住宅団地の集会所を利用した活動が厳しい状況になっていて、場所、人、モノ、お金をどうしたらいいのか悩みます。先日、全国の子育てひろばの実践者が集まる研修に参加し、こうした問題をクリアし活発に活動している先輩方を目の当たりにして自分がどこまでできるのか模索中です。

2014

トータルビューティー提供するサロンに向けて
阿部 志保さん 起業家サポートコース受講
現在、美容室に勤務していますが、将来自分の美容院を経営したいと思い、受講しました。同じ目標をもった受講生や講師の方々に出会い、様々な刺激を受けました。経営をするにあたってのマーケティングや従業員との関係づくり、ビジネスの難しさ、それをどのように克服するのか、将来、必ず役に立つと思います。また、技術面でも世界で活躍するメイクアップアーティストのRIKAさんからメイクを教えていただき、現在の美容室でも自信を持ってメイクアップサービスができるようになりました。将来は、この講座で学んだことを活かして、女性が働きやすいトータルビューティーサロンを開きたいと思います。
石巻を元気にする「移動カフェ」を目指します!
亀山 麻衣子さん 起業家サポートコース受講
2014年4月、移動式カフェ「かめかふぇ」を始めました。もっとお客さんに来ていただきたい!そのために何をすべきか模索していましたが、受講したことで現状や課題が把握でき、具体的な計画の立て方も学び、今やるべきことが少しづつわかってきました。このプログラムでは、いろいろな方に出会えるのも楽しみで、いい刺激になりました。同じ受講生のお店のベーグルもカフェで販売することになりました。
かめのように、ゆっくりですが一歩一歩確実に歩み、皆さんが一息ついて、「また頑張ろう!」と明日の活力になるようなカフェにしていきたいです。

おばあちゃん元気カフェ
熱海 あけみさん 人材育成コース受講
曖昧だった自分のビジョンを皆の前ではっきりと発表できたことは、とても大きな収穫でした。以前から「私ができることってなんだろう」と漠然と考えていました。私が作りたいのは、おばあちゃん達が地域のために働いてささやかな収入を得ることできる田舎カフェです。子ども達がお小遣いで買える手作り無添加のお菓子や塩分・糖分を控えたランチメニューを提供し、美容師だったおばあちゃんの美容スペースやフェイシャルマッサージ、フットケアなどもできる場所。おじいちゃんも気軽に入れるよう、コーヒーを庭で飲めるようにして野菜や花の販売もしたい、と夢を膨らませています。
お客様目線でサービスを開発。話題の幅も広がりました
及川 望美さん 起業家サポートコース受講
自宅の一室を使ってネイルサロンを開業し、エステサロンやお客様のお宅にも出張しています。この講座を受講して、お客様目線でのサービス開発を考えたり、事業を見直すことができました。また、「講座を受けて勉強しています」とお話しすると興味を持って聞いて下さるお客様が多く、メンターの先生にアドバイスをいただいて新しく作ったメンバーズカードも好評で、お客様の紹介が増えました。私自身、この講座のおかげで、話題の幅が広がったので、そのおかげかもしれません。今後の目標としては、継続してお客様を増やし、技術向上のためにジェルネイル上級試験を受ける予定です。
講座で得た、多くの仲間と未来の扉を開く力
説田 幸子さん 起業家サポートコース受講
修了式後間もない10月28日、私は石巻立町復興ふれあい商店街で、菓子製造販売を開始しました。改めて起業することの大変さを感じています。準備不足で開店の日を迎えましたが、そんな私をたくさんの友人たちが助けにきてくれました。この講座で多くの方と知り合い、友達の輪の広がりに感謝、感動しました。私を含め、これから石巻で頑張っていく受講生たちは、直接ではなくても、みんな繋がっていると思います。自分の周りにたくさんのサポーターがいると感じられると、大きな支えになります。この講座は、私に未来の扉を開く力をくださいました。講習を重ねるごとに「自分を信じていいんだ」と思うようにもなりました。これからも皆さんとは仲間です。ありがとうございました。
生まれ育った石巻、震災後、我が子と歩む石巻
阿部 美穂さん 人材育成コース受講
私は震災後に出産し、子育てを始めました。「子どものために頑張る」と始めは意気込んでいましたが、これから3.11のようなことがおきたら、この子を守れるだろうか、という不安から、自宅にこもりがちになりました。そんな時、この講座の募集を見て、ワクワクした気持ちで申し込みました。
受講することで、いろいろな角度から自分自身をゆくりと見つめ直すことができました。特に託児サービスがありがたく、私がいろいろなことを吸収している間に、子どももたくましく成長しました!母としての時間も大切だけれど、少しだけ一人の女性に戻り、学びや癒しがあることで、自信につながりました。

2013

最高の4か月~素晴らしい出逢いに感謝~
今野 佑香さん
たくさん学ぶことができると同時に少しずつ自分の中に自信を目覚めさせてくれた講座。この講座で出会った女性の皆さんの会を重ねるごとに輝き、パワーあふれる笑顔。その笑顔の後ろには、つらい苦しみがあり、悲しみや困難なことを乗り越えよう、復興を支えたい、といったさまざまな想いがあって、勇気や希望に形を変えた。石巻が生まれ変わるためにも、自分もこの講座で学んだことを支えに、力を尽くしたいと思う。
子育て日本一の石巻を目指して
佐々木 かおりさん
今まで忙しすぎて、自分の子育てを振り返ることができませんでしたが、受講をしていく中で、自分を振り返ることができました。子ども達が明るく幸せでいられるよう、私たち大人が前を向いて生活していくことが大切だと思います。石巻の未来を担う子どもたちを育てている真っ最中だという自覚を持って、わが子はもちろん、地域、学校と微力ながら関わり、貢献するように頑張りたいと思います。母親の人間性を高め、母親が元気でいられる石巻!受講生の中から広がっていくと思います。
出会い
中居 みずほさん
社会復帰を考えていましたが、十数年の専業主婦の生活がネックとなっていました。小さい子ども、アナログ人間など、働けない、受講できない理由はいくらでもありました。受講内容に心惹かれ、受講できたことはとても幸運でした。集まった仲間は生活環境、年齢も様々でしたが、"前を向いていた"という共通点がありました。向上心あふれる仲間と出会い、共に過ごした日々はこれまでになかった、とても貴重な「自分の時間」となりました。
『感謝』のはじまり
丹野 あきゑさん
バラエティに富んだカリキュラムについていくうちに、自分ができる、自分がやらなくては、という行動感覚が生まれてきたように思います。受講しているうちに、やり遂げた、やれる、という自信もわいてきました。これからは、向上心を持って、協調性やチームワークの形成づくりを意識しながら行動したいと思います。
支援する人、される人にわけるのではなく、お互いに今、何が求められているかを考え、励ましあう、そういう関係を生きよ!と大震災から問われているように思います。これからも「人」を大切にして人と交流していきたいです。

これまでの活動

pagetop