NIHON LOREAL


社会の持続的発展のために ロレアル - ユネスコ女性科学賞

For Women in Science

ロレアル - ユネスコ女性科学賞 とは
パリに本社を置くロレアルグループと国連専門機関のユネスコは、「世界は科学を必要とし、科学は女性を必要としている」という理念のもと、世界の女性科学者の業績を称えるとともに、同分野で活躍する女性たちの更なる飛躍と地位向上を目的に、1998年に共同で女性科学者を支援するプロジェクトを創設いたしました。
  • パリ本社主催 ロレアル - ユネスコ女性科学賞
    科学の発展に寄与した女性科学賞の業績を称え、5名に賞金を贈呈
  • パリ本社主催 ロレアル - ユネスコ女性科学賞―国際新人賞
    各国で推進している国内賞から、生命科学、物理、化学、工学、数学の分野で世界的に評価されるトップ15名の将来有望な若手女性科学者に賞金を贈呈
  • 各国主催 各国独自の国内版として女性科学者を支援
    日本 ロレアル - ユネスコ女性科学者 日本奨励賞

    国内の教育・研究機関において研究を継続できるよう、生命科学、物質科学の分野から将来を担う日本の若手女性研究者を支援する奨学金を贈呈
  • 各国主催 理系女子を対象にした次世代啓発活動
  • 「ロレアル - ユネスコ女性科学賞」授賞式(フランス開催)
  • 「ロレアル - ユネスコ女性科学者 日本奨励賞」授賞式(日本開催)
  • 「ロレアル - ユネスコ女性科学賞―国際新人賞」授賞式(フランス開催)
  • フランスのシャルル・ド・ゴール空港でのプロモーション
ロレアル - ユネスコ女性科学賞 日本奨励賞「サイエンスを志した理由」「海外留学」「多様なライフスタイル」などここでしか読めない情報をお届けしています。

パリ本社主催

1998年に創設され、科学の発展に寄与した業績を称え、毎年世界5大陸から5名の女性科学者を選出し、賞状ならびに賞金10万USドル(約1,000万円)を贈呈しています。受賞分野は、隔年で生命科学、物理科学に分けて行っており、ノーベル賞受賞者を含む世界の科学界の権威で構成される国際選考委員会により受賞者を選出しています。日本人受賞者を含め第一線で活躍している女性科学者が受賞しており、2008年の米国受賞者であるエリザベス・ブラックバーンと、欧州受賞者であるアダ・ヨナットが、それぞれ2009年ノーベル医学・生理学賞およびノーベル化学賞を受賞するという快挙を遂げています。また、毎年世界5大陸から、15名の将来有望な若手女性科学者を選出し、研究を継続できるよう賞金を贈呈しています。

▼ 2015年「ロレアル - ユネスコ女性科学賞」受賞者プロフィール映像

各国主催

ロレアルグループでは、現在、世界60ヵ国以上において、同プロジェクトの理念を継承し、博士課程や博士研究員レベルの若手女性科学者が国内の研究・教育機関で研究を継続できるよう奨励し、助成しています。
日本においては「ロレアル - ユネスコ女性科学者 日本奨励賞」を推進しています。

ロレアル - ユネスコ女性科学者 日本奨励賞 過去の授賞式

pagetop