NIHON LOREAL


社会の持続的発展のために -日本ロレアル東北復興支援活動- 石巻市コミュニティカフェHANA荘

復興の拠点から地域コミュニティのつながりの場へ

HANA荘 by LOREAL

HANA荘という名前には、“話をしよう”、”みんなで花を咲かせよう“という願いが込められています。
2011年11月29日に開設し、日本ロレアルの復興支援活動の拠点となり、地元地域の皆さんのコミュニティ再生のハブとなったHANA荘は
国が東日本大震災の特例で定めた期限を迎えたため、2016年9月末をもって閉館いたしました。

  • お世話係さんが飲み物をだしてくれます
  • なごみの和室
  • ようこそHANA荘へ
  • 様々なイベントが実施されています

HANA荘データ

HANA荘をご利用いただい方の数
22186

2016年9月末まで

日本ロレアル社員のボランティア参加者数
661

2016年9月末まで

アクセス

住所

〒986-0042 宮城県石巻市鹿妻南1-9

Making of HANA荘 エピソード

「ロレアルグループならではのカフェ文化を復興支援に活用できないか」
世界各地に拠点をおくロレアルグループでは、社内にカフェを併設しています。
日本ロレアル社内にもカフェがあり、社員は部門や役職を超えて、交流を図っています。
津波被害によって分断されたコミュニティの再建支援として、カフェが地元の皆さんの交流の一助になればと思い、
コミュニティカフェを開設しました。そして、社員全員でこのコミュニティカフェの名前を考え、HANA荘になりました。

HANA荘ができるまで

  • 建設業者が復興工事のため不足していたこの時期。なかなか業者がきまらないというジレンマもありましたが、HANA荘のイメージが固まりました。そして、2011年11月29日のオープンへ。

  • 「地震直後にボランティアの方々にお世話になりました。この土地が、地域の皆さんのお役に立てればうれしい。」という地主の阿部さんと2011年7月に出会い、この敷地を貸していただくことになりました。

  • 2011年9月9日。灼熱の太陽のもと、石巻市長、地域の自治会長の皆さん、近所の方々に出席していただき実施した地鎮祭。

  • 震災から半年が経った9月でもHANA荘の周辺にはまだ瓦礫が残っていました。

  • HANA荘のシンボルとして、ハート形のオブジェが2011年9月に完成しました。子どもたちがハートの上に座って鐘を鳴らしたりしています。

支えてくださっている方々

HANA荘は、地元の方をお世話係として雇用し、常に人がいることで、地域の皆さんが気軽に安心して
利用できるように工夫しました。運営は、開設時から石巻に拠点を置くNPO法人JENに、2014年からは
地元のNPOにお願いしていました。月に一回、地域の自治会長さんが
HANA荘の運営についての話し合ってくださったり、HANA荘は多くの皆さんに支えていただきました。

こんな方々も訪れてくださいました♪

みなさん ありがとうございました!

これまでの活動

pagetop