NIHON LOREAL


2016.10.30 未来への扉

コミュニケーション講座②

「未来への扉」2日目の10月30日午前は、前回に続き、ドリームフィールド代表の阿部侑生先生による「コミュニケーション講座②」です。

コミュニケーションについて学ぶために、2つのアクティビティを行いました。1つ目は「連想ゲーム」です。4人1組になり、出題された「クリスマス」「アイドル」といった言葉から、個人で連想するものをチーム内で発表し、同じものがあった場合はその数が得点となります。







2つ目は「ジェスチャーゲーム」です。4人のチームのうち、出題された言葉を、1人目が2人目にジェスチャーで伝え、2人目は3人目に手文字、3人から4人目には、口パクで伝え、スピードを競います。

受講生はゲームの得点や正解・不正解で一喜一憂。大いに盛り上がりながらも、「言葉の力」や伝えることの難しさを実感したようでした。


次に、話を聞くときに心がけると相手が喜ぶ言葉「さ・し・す・せ・そ」の法則、コミュニケーションの達人になる話の聞き方のコツ「セロトニン5」、2人で話す時に話しやすくなる位置、自分の名前には与えられた使命があることを教わりました。

「自分の名前を愛することは、自分を愛することにつながる」ことを聞いた受講者は、名前のことだま表で自分の名前の意味を真剣に調べていました。




阿部先生自らの苦労体験も交え、夢を叶えるためのコツとして、「1.ゴールを決める」、「2.今の自分を見つめて現状を把握する」、「3.思い込みを突破し、自分の殻を破る」の3ステップがあること、そして、「私には無理」、「難しい」、「できない」といった自分が勝手につくったセルフイメージが負のスパイラルを起こす原因であり、理想のセルフイメージをもって行動することの重要性を教えていただきました。






「自分のやりたいことは、自分の中にしかありません。自分と対話し直感を働かせ、一歩を踏み出してください。絶対やってはいけないのは、本当はこっちがやりたいけど、こっちでいいやと妥協すること。妥協するとチャンスを得られません。自分に素直に無理をせず、ダメ元でやってみる。ダメ元で行動したら、10年後、今の自分に対しきっと感謝しますよ」と心強い励ましの言葉をいただきました。コミュニケーション講座は今日で終了です。

「夢やなりたい姿を話すことは恥ずかしく思っていましたが、今日、声にだして言うことができてスッキリしました。」「教えていただいたことを実践し、夢をかなえたいと思います!」「前回のポジティブワードも一生懸命使うように心がけています。今回もぜひやってみます。」と受講生。

コミュニケーション講座で習ったことを実践していきましょう!




































これまでの活動

pagetop