NIHON LOREAL


2016.11.20 未来への扉

身だしなみ講座 メイクアップ編

ロレアルパリ メイクアップアーティスト 吉野悟、柳川奈美が身だしなみ講座メイクアップ編の講師を務めました。

身だしなみとおしゃれの違いはなんでしょう。
おしゃれは自分のためにすること。自分自身の個性を尊重して着飾るもの。
身だしなみは、人のためにすること相手に対して不快な思いを与えないことということを受講生の皆さんに講師の吉野が伝えました。

そして、身だしなみにおけるメイクアップとは①清潔感 ②ナチュラル感 ③調和④適度なきちんと感 ⑤プラスアルファで、綺麗に見せたいという要素があるのです。
 そこで、今日は、大人のメイク再入門という位置づけのメイクアップ講座になりました。
 
メイクの仕上がりを決める三大要素というのは、

色 しぜんな印象 ⇒馴染みやすい色
  派手な印象 ⇒あざやかな色

形 優しい印象 ⇒丸み
  意思のある印象 ⇒直線、角
質感 生き生き見せたい  ツヤ
   落ち着いて見せたい マット

以上の3つ。

ベースメイクのポイントは、①きちんと感 ②厚塗りに見えない ③テカらせない、こと。

デモンストレーションでは、今のメイクをとって、ベースメイクから始めました。


デモンストレーションを見た後は、受講生が各自、クレンジングでメイクを落とし、習った方法でファンデーションを塗りました。

続いてメイクアップです。
似合う色を選びましょう、ということで、色について解説。同じ色でも、黄みがかった色、青みかかった色があるのです。
  トマトは黄みがかった赤。
  イチゴ 青みがかった赤。
そして、テキストの“似合う色発見チャート”に沿って、自分に似合色を考えてみました。
いよいよ、実践メイクレッスン。自分で選んだ自分に似合う色で、アイメイクから、リップまでをトライしました。
リップ、チークを入れると受講生の皆さんの表情が明るくなり、とても素敵になりました。





今日は、「相手の立場になる」という視点で、ビジネスマナーからメイクアップまでをトータルに学ぶことができました。














































これまでの活動

pagetop