R&Iアンサー

お客さま一人ひとりの美と人生の豊かさのために、革新的な技術力と卓抜したアイディアを結実させ、
最上の製品をお届けしています。
ロレアルで製品に使用されている成分についてお答えします。

アレルゲン
(アレルギー誘発物質)

アレルゲンとは?

アレルゲンは人体に異物と認識される物質で、特定の人々においては数回接触すると免疫組織に過剰な反応、いわゆるアレルギーを誘発することがあります。アレルゲンは環境や食物中にも存在します。たとえば花粉や、ほこりの中のダニは喘息を引き起こすことがありますし、ピーナッツ、甲殻類、そばなどは深刻なアレルギー反応を誘発する可能性があります。また、合成化合物や特定の医薬品、着色料、香料なども同様にアレルギーを引き起こす可能性があります。

アレルギーは幾つかのタイプに区別することができます。中でも一番知られているのが即時型アレルギーで、食物アレルギーが主たるものですが、時に深刻な事態となる可能性があります。一方、遅発型接触アレルギーは、時として広範囲にわたる様々なレベルの皮膚症状(発赤、かゆみなど)を引き起こす恐れがあります。

化粧品におけるリスクは?

化粧品によってまれにアレルギー反応、主に接触アレルギーが起こることがあります。このアレルギー反応はヘアカラー色素や、製品に含まれる防腐剤や香料のような成分によって起こります。しかしながら、一般的には化粧品でアレルギー反応を起こすことはまれで、この反応は製品が塗布された場所に限られ、製品の使用を止めればに元に戻ります。アレルギー反応が起きた時は皮膚科医に相談し、適切な治療を受ける必要があります。

ロレアル製品の安全性について

ロレアルで製品に使用されている成分はすべて、アレルギーを誘発する可能性について厳しい試験を受けています。市場に製品を投入する前に製品としての安全性を評価する際には、製品中に配合されている原料がお客様にアレルギーを誘発しないような状態であることを確認し、最後に適切な臨床試験を実施することによって、アレルギー反応を起こさないことを確認します。

私たちが開発する全ての製品はこのように厳しい方法で検査されています。

まれに、ごく一部の製品に、アレルギーのリスクがあるとわかっていても、現在の科学的、技術的知識では完全にリスクを解消することができない場合、製品に表示することでリスクがあることをお客様に注意喚起し、かつ製品の使用前に皮膚アレルギーテストを実施することを推奨しています。染毛剤がこのケースで、染毛の48時間前に皮膚アレルギー試験(パッチテスト)を実施することをお願いしています。このテスト実施の推奨はロレアルが国際的な化粧品業界の中でも率先して行ってきたものです。

原因となる成分を含む製品の使用を避けるため、アレルギーをお持ちのお客様にはすべての化粧品の全成分表示を注意深く確かめることをお勧めしています。

内分泌かく乱物質(環境ホルモン)とは?

世界保健機構(WHO)は外因性内分泌かく乱化学物質(環境ホルモン)を、内分泌系の機能を妨げ、結果的に生命体や子孫の健康へ悪影響を与える、外因性の天然あるいは合成由来の化学物質と定義しています。従って、内分泌かく乱物質はホルモン系に作用する物質または物質の混合物で、その働きによって、健康への悪影響を誘導します。その反対に、内分泌系に作用はするものの、健康へ悪影響を及ぼさない物質は内分泌かく乱物質とするべきではないと考えられています。内分泌かく乱物質とその健康への影響に関する研究は、科学における重要なテーマで1990年以来4,000を超える論文が発表されていますが、今日でも依然として様々な議論がなされている領域です。NGO、マスメディア、消費者団体などは、人体への影響が証明されていないにもかかわらず、内分泌系に作用するだけの物質でさえも、予防措置(あらかじめ予測して対策をとること)の原理に従って規制による禁止の対象とするべきだと要求しています。しかし、対象となった物質はいずれもWHOの定義を満たしていません。

ロレアル製品に内分泌かく乱物質が含まれていますか?

ロレアル製品にはWHOによる内分泌かく乱物質と定義される成分は含まれていません。

化学薬品や農薬、食品、日用品など、様々な工業分野で使用される数多くの物質が内分泌かく乱物質であると指摘されています。これらの物質は、ホルモン系に作用して、代謝、成長、生殖などに異常を引き起こし、またホルモン依存性がんを誘導するとしてしばしば非難されています。

化粧品に用いられているフタル酸エステル、トリクロサン、パラベンのような物質は、細胞培養モデルにおいて様々なホルモン受容体に作用する(結合する)というデータがあるというだけで、繰り返し攻撃の的となっています。しかし、これら物質のホルモン系への作用が人の健康に悪影響を引き起こすことが立証されたという科学研究はまだありません。

これに関連して、成分の安全性をどのようにして保証するのでしょうか?

ロレアルは予防措置の原則に従って、イノベーションの推進力に内分泌かく乱物質の問題を取り入れました。自社製品に使用する物質について、WHOによる内分泌かく乱物質の定義に合致する特性を持っていないことを明らかにするため、厳しい安全性試験を行っています。ある成分に対して科学的、社会的な懸念が現れた際に、それが僅かであってもその程度と関連性を考慮して、様々な国における現在の規制によって幅広い使用が認められていても、ロレアルはその成分の製品への使用を中止したり、低減したり、特定の製品カテゴリーへの使用を制限したりしています。同時に、ロレアルは新しい成分を選ぶ際、特定のホルモン受容体と相互作用する能力をその成分が持っているか否かを検出する、動物実験によらない予測試験のシステムを確立してきました。ロレアルのイノベーション推進力は、このように、科学的にまだ証明されていないリスクや、社会的に認識され始めたリスクの安全性評価を重要視しています。このような取り組みによって、お客様にロレアル製品を安心してご使用いただけるよう努めています。

グルテン

グルテンとは? ロレアルはグルテンを使用していますか?

グルテンは、小麦、麦、ライ麦、オート麦などの穀物の種に存在する、主にたんぱく質から成る物質の混合物です。グルテンはこれらの穀物以外にも多数の食物に存在しています。粘弾性があるので穀物の調理、特にパンの製造においては重要な働きをしています。

ロレアルは化粧品に成分としてグルテンを配合していません。しかしながら、自社で採用している原料に対し高いレベルの品質を要求しているにも係わらず、微量のグルテンが小麦、ライ麦、大麦、オート麦由来の原料中にわずかに存在することがあります。

潜在的な危険性はどのようなものでしょうか?

グルテンに含まれるタンパク質の一部に対する不耐症はセリアック病として知られています。セリアック病は小腸壁に障害を与える特徴がある過敏症で、特定の主要栄養素の腸吸収を妨ぎ、深刻な欠乏症を引き起こします。このような症状は、ライ麦、オート麦、小麦、大麦由来の食物を摂取することで引き起こされ、治療には一生グルテンフリーの食事療法を守ることが必要です。その他にもグルテンに過敏な人は比較的よく見られます。

ロレアル製品の安全性について

ロレアルはグルテンを化粧品に成分として配合しないようにしていますが、ごくわずかな割合で微量のグルテンが化粧品中の原料に存在する可能性があります。しかしその微量なグルテンを含む化粧品を使用するにあたっては、セリアック病をお持ちのお客様に対しても、健康にリスクはありません。微量のグルテンを含む口紅を摂取しても、グルテンの量が非常にわずかなので、健康に悪影響を引き起こさないと考えています。

グルテン過敏症のお客様が、原因とみなされる穀物由来の成分を含む化粧品の使用を避けたいと思われるのは当然のことです。そのような懸念をお持ちのお客様は、化粧品を選ぶ際に、全成分表示に穀物の日本語名(小麦、コムギ、オオムギ、カラスムギ、オートミール、ハトムギ、その他~ムギ等)が含まれていないことを確認してください。

香料

香料とは何でしょうか?

香料成分は香水、オードトワレ、オーデコロンに、またその他のスキンケア、メイクアップ製品、衛生用品などの香り付けに用いられており、感覚的・感情的な楽しさを伝える役割があります。

社会的関係や心地よさに香りが果たす役割は、数千年もの長い間、良く知られてきました。

香料には2つの種類があります

  • 合成によるもの
  • 天然成分の抽出物から得られるもの

ご存知でしたか?

20世紀初期に合成成分が利用できるようになり、香料に大改革がおこりました。香気原料の幅は4倍にも増え、香水製造所業者が新しい嗅覚の領域を開拓することによって、この分野で大きな改革が起こりました。

例えば、リラやスズラン、ジャスミンなどの花の香りを抽出するために蒸留しようとしても、これらの花は「沈黙している(香気成分が抽出できない)」ので、合成分子が無ければこれらの花の新鮮な香りを再構成することは不可能なのです。

なぜ香水は論議の的になっているのでしょうか?

天然であれ、合成であれ、香料は主としてアレルギーを引き起こす可能性のあるものとして指弾されているのです。

ご存知ですか?

アレルギーはアレルゲンと呼ばれるある種の化合物に対する過敏症の一つの形です。香料に関しては、通常の人々の僅か0.8%ほどが接触性皮膚炎を起こすようです*。
*2015年に欧州5か国で行われた欧州皮膚疫学ネットワークの調査による

なぜラベルには原料の名前ではなく「香料」と記載されているのでしょうか?

調香(香りの構築)は特殊な専門的技能を必要とします。調香師の機密性を保持しノウハウを守るために、アレルゲンである場合を除き、香料の構成はラベル上に細かく記載されてはいません。

なぜ、ロレアルの香料は安全性に配慮しているといえるのですか?

まず、私たちが購入している香料はサプライヤーの安全性試験を受けています。それから世界各国の規制によって要請されているよりも大変厳しいロレアルの仕様書に合致しなければなりません。

ロレアルとサプライヤー、双方の安全性チームによる香料成分の二重の評価は、ロレアル製品を使用する際に、お客様に完全な安全性を担保します。化粧品中の香料はアレルギー体質でない人々にアレルギーを引き起こすことのないような濃度に調整されています。

アレルギー体質の人々については?

2004年から、欧州の規制は化粧品中の特定の香料の存在についてアレルギー体質の人々に知らせるべきであると要請しています。

このことがアレルゲンの可能性のある26化合物について、リンスオフ製品では0.01%以上、リーブオン製品では0.0001%以上含まれている場合に、その詳細が製品に示されている理由です。

日本でも該当するケースは日本語の全成分表示で示しています。

ご存知でしたか?

アレルゲンのリストは現在再検討中で、近い将来さらに広がることでしょう。

ロレアルは規制で要求されていない国においても、このアレルゲンをラベルで表示する方式を採用しています。

微量重金属

重金属とは何でしょうか?

「重金属」は比較的比重の高い(鉄よりも重い)金属元素のことです。技術的、科学的に正確な定義はありませんが、鉛、ヒ素、カドミウム、水銀、クロム、ニッケル、セレン、アンチモン、バリウム、コバルトなどが重金属とされています。重金属は地殻に存在していて、水や、空気、食物中に存在しているものもあり、監視の対象になっています。しかしながら重金属の中でもセレン、銅、三価クロムなどは、低濃度で人を含む生体の機能に必要不可欠で、特定の微量元素が不足すると深刻な健康問題を引き起こします。ここでは人や環境に害があると考えられているものを問題にします。

なぜ化粧品中に微量重金属が存在するのでしょうか?

重金属は化粧品の成分として配合されていません。現行の規制では、特定の金属の配合は禁じられていますが、ごく少量の重金属は人の健康に害がないことから、化粧品中にあっても許容されています。微量の重金属の混入はしばしば着色剤、顔料、光輝材、パール材などの合成または天然素材中の不純物、製品製造、保管、箱詰めなどのプロセスに由来します。口紅中の鉛は、しばしば特別な注意の対象となっています。

潜在的リスクはどのようなものでしょうか?

重金属が、食事、水、高度に汚染された空気から絶え間なく吸収されると、人体に蓄積して、深刻な中毒や慢性疾患を引き起こすことがあります。鉛を摂りすぎると、鉛中毒を引き起こし、カドミウムは腎臓や肝臓の損傷を引き起こします。三価クロムは必要不可欠な微量元素ですが、六価クロムは高い発がん性を持っています。

ロレアル化粧品中の重金属レベルはどのように制御されているのでしょうか?

ロレアルは重金属を成分として配合していません。特定の製品中に混入する避けがたい微量元素を低減するために、原料を選択し、分析し、評価する大規模なプログラムを実施しています。また製造工程も管理して、混入しやすい傾向のある主な重金属に関しては原料のサプライヤーに厳しい基準を順守するよう求めています。ロレアルは、化粧品中の特定の重金属が様々な国の現行基準の最大濃度を超えないよう管理し、指定されている限度よりはるかに低い濃度に収めています。

例えば、ロレアルの口紅中に極めて微量の鉛が存在する可能性がありますが、お客様の健康を害するレベルではありません。口紅を塗ることによって鉛に曝露される量は毎日飲む水から摂取する量の500から1,000倍も低いのです。

        
PAGE TOP