学術・イベント情報

日本ロレアルの学術情報やイベント情報など
掲載しています。

日本ロレアル『第38回コロイド界面技術シンポジウム』で ロレアルグループ独自のサステナビリティプログラム「ロレアル・フォー・ザ・フューチャー」を発表

  • 学術
  • イベント
世界最大の化粧品メーカーである仏・ロレアルの日本法人である日本ロレアル株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:ジェローム ・ブリュア)の研究開発部門「リサーチ&イノベーションセンター」(所在地:神奈川県川崎市、所長:マチュー・キャシエ)は、2月4日(木)、5日(金)に公益社団法人日本化学会 コロイドおよび界面化学部会が開催する「第38回コロイド界面技術シンポジウムi みんなを元気にするすごい技術 アフターコロナの研究開発 ~ 動向/指針/変化する研究』」に登壇し、2020年に始動したロレアルグループのサステナビリティプログラム「L'Oréal for the Future(ロレアル・フォー・ザ・フューチャー)」について発表します。

本シンポジウムでは、新型コロナウイルスと闘うための技術、また、アフターコロナの世界においても開発・成長を支える上で、ますます重要となる女性の活躍推進や環境問題に関連した各領域の専門家が講演します。

ロレアルは人間の活動が地球規模で環境に与える影響や、昨今より深刻化している貧困などの社会課題に対して、2013年以来、グループ全体で取り組んで参りました。本シンポジウムの『サステナビリティを考える』と題したセッションでは、リサーチ&イノベーションセンター所長のマチュー・キャシエが、当社におけるサステナビリティに対する達成状況を共有するとともに、2020年6月に始動したロレアルグループの2030年に向けての新たなコミットメント「ロレアル・フォー・ザ・フューチャー」を紹介します。また『活躍する女性と未来』をテーマとしたセッションでは、同センターの女性研究員が「ポリイオンコンプレックス技術(PGP)を使用した二次付着防止機能を持つ化粧品」と題した発表を行い、マスクにつかないファンデーションを紹介します。

■ロレアルグループのサステナビリティに対する取り組みの歴史
1979年 動物実験を廃止する目的で、世界初の人工皮膚である再構成皮膚モデルを作成
1995年 化粧品の環境に対する影響を研究するラボラトリーを開設
2002年 サプライヤーの環境監査を開始
2007年 ロレアル財団創立
2009年 工場と配送センターの環境フットプリントを2015年までに2005年比で50%削減する目標を設定
2013年 2020年に向けた第一世代のサステナビリティプログラム「Sharing Beauty With All ~美のすべてを、共に次世代へ」を開始
2020年 2030年に向けた新プログラム「L'Oréal for the Future(ロレアル・フォー・ザ・フューチャー)」を開始

i公益社団法人日本化学会 コロイドおよび界面化学部会 (https://colloid.csj.jp/)
日本化学学会の部会として1976年設立。会員数約1,000名。コロイドおよび界面の物理化学をはじめ、高分子、触媒化学、電気化学、化学工学、物理系のソフトマターなど多岐に渡る領域を対象として学術分野の活動を行っています。
一覧へ戻る

カテゴリー

月別アーカイブ

        
PAGE TOP